MENU

「注染」の浴衣・てぬぐいのことなら、大阪・堺の北山染工場へ

株式会社 北山染工場

北山染工場

北山染工場

北山染工場の特長

板場

板場

北山染工場では4枚の板場を備え、板場1枚につき1日60~100反の糊付けができます。
道具を使わず一定の長さに揃え折り返すには、長年の経験により培われた高度な技術が必要です。

染め

染め

1日30~200反染め上げられます。
柄の種類、一色か多色(さしわけ)かにより枚数は変わります。

窯の湯

窯の湯

窯の湯は常時一定(65度前後)に保たれており、染料を作り容器を洗うなど、様々な用途に扱われています。

浜

浜ではロールを使い次工程に生地を運ぶなど、細かな部分が考えられた作りになっています。

立干し

立干し(だてぼし)

染め上げられた生地がだてに立ち並ぶ姿は壮観です。

職人

職人

職人たちは日々研鑽を積み、また熟練の職人たちが技術を伝え若い職人が育っています。興味のある方は是非一度ご連絡ください。

形紙

形紙

創業以来、染めに使用した形紙は全て保管しています。
時間をかけ、気持ち・心を込めて、自分が欲しいと思うものを作り上げる。以上の信条の元、製品を作り続けています。

PAGE TOP